私はこうやって赤ちゃんを一人でお風呂に入れてた!

ずっと一人で息子をお風呂に入れてます。里帰りでお母さんがとか、お風呂はパパがとか、いろんな事情があって、ただの1度もなかった。

今、1歳8か月。少しだけ楽になりました。あの頃は本当に悩みに悩みまくっていた。
今もしかしたら同じように悩んでるママさんの、ちょっとでも参考になればウレシイな。と思います。

目次





新生児~3か月の頃

9月に息子を産んでから11月いっぱいまで3か月、これでお風呂に入れてました。

キッチンのシンクにセットして、お湯を張って使います。
底にお尻の滑り止めがついてるけど、息子は小さかったので、お尻が底まで届くことはありませんでした。

産院での沐浴指導はたった一度、しかも見てるだけ。実際やってみるのとでは大違いで、何度もぎゃん泣きされ、こんなに泣かれるならいっそのことお風呂なんて入れない方がいいんじゃないかと思ったくらいです。

なので、ベビーソープで息子の体を洗ってやったことは一度もありません。片手に抱えて器用に洗ってやれないし、背中をひっくり返してなんて、想像するだけで落っことしそうで恐ろしくって(^^;

なので、スキナベーブ(500mL)[入浴剤・沐浴剤 ピジョン]という商品を使っていました。入浴剤のようにお湯に溶かすだけ。洗い流してやる必要もありません。これは本当に便利だった!おすすめです。

沐浴をすませて赤ちゃんをザブン!とお湯から上げると、すぐに待機しておいたバウンサーへ。
それがこちらの商品。↓

どうでもいいけど、私が購入した時とデザインが少し変わってオシャレになってる!

あらかじめ、オモチャの部分は取っておき(ワンタッチではずせます)、バスタオルを敷いておきます。そして、シンクのすぐ横にスタンバイ。お風呂上りのずぶ濡れの赤ちゃんをサッとバウンサーへ。パッとバスタオルでくるんで沐浴終了♪(´▽`)

軽くて持ち運びにも便利だし、お値段もお手頃だったので、家と店と、2台買って使ってました。

2444グラムで生まれた小さい息子は、生後3か月の頃、立派に7キロを超えて大きくなったのと、季節がとても寒くなってきたので、12月から大人用のお風呂にシフトしました。

ふつうはもう少し早く大人用のお風呂になるんでしょうけど、ビビリの私は、新しい入浴方法にチャレンジする勇気がなかなか出なかったのでした(^^;

これは生後6か月の頃。ムチムチです(´▽`)

ページ目次

生後3か月の頃から大人用のお風呂で

12月。ずいぶんと寒くなってきたので、お風呂で風邪をひかせることのないように、小さな電気ストーブを使って脱衣室をあたため、そこに、新生児の沐浴時にも使っていたバウンサーを、もちろんバスタオルもセットしてスタンバイさせてました。

浴槽には、やはりスキナベーブ(500mL)[入浴剤・沐浴剤 ピジョン]を投入。

裸ん坊にした赤ちゃんを、胸にしっかりと抱きかかえて、一緒に浴槽へ入ります。赤ちゃんは小さいからすぐに体が温まるらしいので、あまり長く浸かってちゃいけないみたいなのですが、時間とかはかることなく、そこはもう、カンでした。

じゅうぶんに温まったら浴槽から出て、赤ちゃんの足をパーさせて太ももにゴロンと転がし、赤ちゃん用のボディソープとシャンプーで洗ってました。あんよもおててもクルクル~♪とか、自作の歌を歌いながらスキンシップも兼ねて(笑)

終わったら待機していたバウンサーへぽん!バスタオルくるん!超特急で自分の体を拭いて、自分は裸のまんま、赤ちゃんを居室へ移動させ、服を着せてました。その後、赤ちゃんのスキンケア。

この時、使っていたのが、出産祝いでお友だちにいただいたママ&キッズのスキンケア商品。ちょっとお高いかも知れないけど、冬場は特に、お風呂上りにホッペがカサカサしてたので、ベビークリームも塗ってあげてました。

カサカサ具合があまりひどいなら、プロペトとかを小児科でもらった方がいいかも知れませんけど、息子はそこまでじゃなかったです。

この頃はまだ、自分の体や頭は洗えません。
赤ちゃんを入れるためだけのお風呂です。
自分のことは、赤ちゃんが寝た後に、こっそり素早く済ませてました。

でも、シャワーしてる間に泣いてるんじゃないかと思うと、ゆっくりできなかったし、実際、何度か泣いてることがあって、慌てて濡れた髪や体をタオルで拭きながら「ごめんごめん!」って寝室に駆け込んだこと、たくさんありました。なぜかバレるんですよねぇ、いなくなったこと。大変だったなぁ。今思うと懐かしいけど。子だくさんの方、ほんとに尊敬します。

ページ目次

腰が据わったら少し楽に。

春。腰が据わってバンボやベビー用のバスチェアーに座れるようになってからは、楽ちんでした。何が楽ちんかって、自分の体や髪も洗えるようになるところ。これまでは赤ちゃんを一人で放っておくことができなかったので、必ず抱っこしてやらねばならなかったので手が離せなかったけど、一人座りできるようになったら、だいぶ楽です。

とにかく私の姿が見えなくなったら泣き出すので、浴室の扉を開け放ち、目の前にバンボに座らせた息子を待機させて、自分のお手入れを先に済ませます。

髪の毛を泡だらけにしながら、話しかけます。
「ごめんね。すぐすませるから、ちょっとだけ待ってて!」
もちろん、ゆっくりもできません。やることだけ済ましたら、赤ちゃんを抱きあげて服を脱がせ、今度は赤ちゃんの番。

でも、バラバラに入ってた頃に比べたら、すごく楽ちん!
たっちして、あんよできるようになったら、もうこっちのものです!
あともう少し!頑張れガンバレ!って、自分を励ましてました(笑)

もっと上手な、いい方法があったのかも知れないけど、とにかくこうやって私は乗り切ったのでした。1歳8か月になった息子は、お風呂大好きです。たぶん(笑)



(どちらも4か月の頃。上が黄色いバンボ、下がプーさんのバスチェアー♪)

ページ目次

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA