40歳の意味 ヒトはいつ「ほんとうの大人」になるのか / 町沢静夫

カンベンして欲しい人たち」がけっこう面白かったので、同じ町沢静夫さんの本、「40歳の意味~ヒトはいつ"ほんとうの大人"になるのか」をタイトルに惹かれて読んでみました。

30代から40代に移る時期、誰にも第2の思春期とも言うべき、「心の危機」が訪れる。
この「40歳の危機」をどうやって乗り越えていくべきか。
飛躍のときとなるか、迷い続けるかの分かれ道!

おそるべし。

序盤は患者さんたちの色々な例をもとに「40歳の危機」をどうやって乗り越えたか、また、どうしてそうなったか。
この患者さんの場合は云々・・・。

中盤はほとんど著者の「40歳の危機」
いくつの時にこんなことがあって、この時にこんな思いをして、この頃の私の子供たちはこうで、うんたらかんたら。

最後は、偉人たちの「40歳の危機」。フロイトやらユングやらのお話。
へぇ~!そうなんだ。
この章が個人的にはイチバン面白かったです。

最終最後の締めくくりに「ほんとうの大人」になるためにするべきこと。とあったけど、やっぱり患者さんたちの例を挙げられていて、けっきょく、私の場合はどうしたらいいのか、ぶっちゃけ、よくわかりませんでした(^^;

しかし、

「30代は自分の力を頼りに、周りが見えなくなってしまう傾向がある。だからこそ謙虚さをもって、今までの自分の能力を客観的に評価しなおしていくことが大事だと私は思う。」

私は今41歳ですが、謙虚なのは本当に大事だなぁと思います。
でもなかなか難しくて、我が出てばっかり。
たいしたこと何もできないくせに。 反省。

親ばかならいいけど、バカ親にならないように頑張ります。

にほんブログ村 子育てブログ 親バカへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA