恋と夢の素敵なミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」

原題: La La Land
(2016年、アメリカ)

監督:デイミアン・チャゼル
製作:フレッド・バーガー / ジョーダン・ホロウィッツ / ゲイリー・ギルバート / マーク・プラット

出演: ライアン・ゴズリング / エマ・ストーン / キャリー・ヘルナンデス / ジェシカ・ローゼンバーグ / ソノヤ・ミズノ


映画「ラ・ラ・ランド」個人的感想

久しぶりにすごく素敵なラブストーリーを見たなぁ。
とホッコリさせていただきました。

甘くてほろ苦くて、切なくて胸がキューンとなるような、若い頃の夢と恋。

ミュージカルが苦手な方は無理でしょうけど(^^;

好きな方はきっと、オープニングからテンションあがること間違いありません。
夏のロサンゼルス。渋滞中の車。
きっとまた朝はやってくる。また晴れの日がくる。

二人が出会って恋をして、それぞれの夢を見て、そしてあきらめて。。。

女優を目指すミアのオーディションで歌った、
パリのセーヌ川に飛び込んで1か月風邪ひいた叔母さんの歌
も素敵でした。また同じ状況になったとしてもきっとするだろうって。

もしあの時、こうだったなら・・・。
二人が最後に交わした微笑が切ないけれど、素敵。

夢見る者たちに。
バカ者たちに。
壊れた心に。

乾杯!

いい映画見ました。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA