映画「アレックス・ライダー」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アレックス・ライダー
価格:324円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)

製作年:2006年 製作国:ドイツ/アメリカ/イギリス 原題:STORMBREAKER
監督: ジェフリー・サックス
製作: スティーヴ・クリスチャン / アンドレアス・グロッシュ / マーク・サミュエルソン / ピータ・サミュエルソン
製作総指揮: ヒラリー・ダグデイル / ナイジェル・グリーン / アンドレアス・シュミット
脚本: アンソニー・ホロヴィッツ
原作: アンソニー・ホロヴィッツ
撮影: クリス・シーガー
音楽: アラン・パーカー

出演: アレックス・ペティファー / ユアン・マクレガー / ミッキー・ローク / ビル・ナイ / ミッシー・パイル / アリシア・シルヴァーストン


映画「アレックス・ライダー」個人的感想

14歳の少年、アレックス・ライダーがスパイする物語です。
(14歳に見えないけど・・・)

アレックスの叔父(ユアン・マクレガー)が実はスパイで、彼に育てられたアレックスは、自分が知らない間に戦闘技術を叩きこまれていたのです。

潜入先で殺されてしまった叔父の仇を取るべく、アレックスは叔父と同じくMI6の組織でスパイとして、初の任務へ。

敵は小学校時代のイジメを根に持ち、あろうことか学校にウィルスを撒いて子供たちを虐殺しようと企むIT企業家、ミッキー・ローク。
(八つ当たりもイイトコ!)

そこを、アレックスが素晴らしい小道具の数々(ニンテンドーDSやら、万年筆やら、ヨーヨーやら)と、素晴らしい身体能力で(ものすごく強い!しかもカッコイイ!!)やっつけちゃうという、いたって単純明快なアクション映画。

アクションとはいえ、主人公が少年だから、そんなに派手じゃないんだけれど、この少年・アレックスがものすごい美形男子なもんだから、

一緒に観てた友達なんかは、
「この子、水に濡れてもかっこいいなぁ・・・」
なんて、呆けていた(笑)

もちろん私も、
「うん、ほんっとに・・・(しみじみ)」
なんて、呆けてしまいました(笑)

女二人で新人美形男子主演の映画なんて観てると、
まるで「ツバつけた」みたいな気分になっちゃって、

部屋ん中が異常に明るくなる。

実にめでたい(^^)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA