B級ホラー映画を集めてみました~♪(8作品)

ホラー映画って、一歩、こっちにずれると完全にコメディ。笑っちゃう。
愛すべきB級ホラー映画を集めてみました~♪
ひとつの、ぷっ!を求めて2時間かかるかも~!(笑)

愛すべきB級ホラー映画の目次





ジェシカ・アルバが変なダンスをしている映画「アイドル・ハンズ」(1999)

原題: IDLE HANDS
(1999年 アメリカ)
監督: ロッドマン・フレンダー
制作: アンドリュー・リクト / ジェフリー・A・ミューラー / ジェニファー・トッド / スザンヌ・トッド
脚本: テリー・ヒューズ / ロン・ミルバウアー
撮影: クリストファー・バッファ
音楽: グレーム・レヴェール
出演: デボン・サワ / セス・グリーン / エルデン・ヘンソン / ビビカ・A・フォックス / エルデン・ラトリフ / ジェシカ・アルバ / クリストファー・ハート


  • ホラーではなく、コメディです。間違いありません。でも、いちお、ホラー映画にしときます(笑)
  • ジェシカ・アルバ目当てでもキツイです。が、ハロウィンパーティーでの天使の衣装は、ほんとに可愛かったです。踊りは最悪。

悪霊に乗り移られてしまった右手が、自分の意思とは無関係に動いて、次々と人々を殺していく物語です。右手がです。勝手に。とってもばかばかしい話なのですが、かなり、スプラッター系で、血が飛び散ります。

親友二人まで、殺してしまい、「彼はこの先どうしていいかわからない」ような状態なのですが、

親友いわく、「エンヤみたいな変な音楽がかかってる光の先に行くのは面倒だった」と、殺されて死んだくせに、蘇って今まで通り、マリファナ吸いながらテレビ三昧。スナック菓子が必需品。なのですよ。

折りしもハロウィン。
死体だろうが、仮装だと思われたりなんかして、
観てるこっちはどうしていいやらわかりません(^^;

B級ばんざい!

ページ目次 | タイトル一覧

ジョニー・デップにもこんな時代があった!「エルム街の悪夢」(1984)

原題: A NIGHTMARE ON ELM STREET
(1984 年 / アメリカ)
監督: ウェス・クレイブン
制作: ロバート・シェイ / スタンリー・ダデルソン / ジョセフ・ウルフ
脚本: ウェス・クレイブン
撮影: ジャック・ヘイトキン
音楽: チャールズ・バーンスタイン
出演: ヘザー・ランゲンカンプ / ロバート・イングランド / アマンダ ワイス / ジョニー・デップ / ジョン・サクソン / ロニー・ブレイクリ


  • 小さい頃はすごく怖かったのに、今観るとけっこう笑えた。
  • 若すぎる、ジョニー・デップ!まるで、アイドル!!(この頃はアイドルかw)
  • その昔、シリーズ全部制覇したことがあるほど、ハマッた映画なのですが、どんどんコメディ化している。

赤と緑の服を着て帽子をかぶり、鋭いカミソリのカタチの手袋をはめた火傷男・フレディが、夢の中で少年少女を襲うのですよ。それがただの「コワイ夢」ですめばいいのですが、ホラー映画ですから、そこはそうはいかず、現実になっちゃうんですね。

で、ビックリ!飛び起きてみたら、夢のハズなのにケガをしていたりするわけです。はしょってますが、そんなお話。

ホラー映画の金字塔とも言われる作品で、私が初めてこの映画を観たときは、そりゃもう、たいそう怖くて、夜、眠っちゃいけない!フレディがやってくる!お風呂でウトウトしたら、浴槽の底に引きずりこまれるんだ!

などとビビリまくっていましたが、今、観直したら、大爆笑してしまいました。(^^;

なんといってもお気に入りの1シーンは、
電話の受話器からフレディの舌がベロッ!
と出てくるシーン!

思わず巻き戻して、もう一度、再生。部屋中、爆笑の渦。

そんな風に観ちゃいけないのでしょうが、時代と共に、年齢と共に、映画の見方もかわってくるってものでして、そりゃもう、仕方ないんです(笑)

もし、車の屋根が、赤と緑のシマシマ模様で出来ているおもちゃのミニカーがあったら、ちょっと欲しいわ!

ページ目次 | タイトル一覧

マウンテンマンって何!映画「クライモリ」(2003)

原題: WRONG TURN
(2003 年 / アメリカ・ドイツ)
監督: ロブ・シュミット
制作: ブライアン・J・ギルバート / ロバート・クルツァー / スタン・ウィンストン
制作総指揮: ドン・カーモディー / エリック・フェイグ / アーロン・ライダー / パトリック・ワックスバーガー
脚本: アラン・マッケロイ / アラン・B・マッケルロイ
撮影: ジョン・S・バートレイ
音楽: エリア・クミラル
出演: エリザ・ドゥシュク / リンディ・ブース / デスモンド・ハリントン / ジェレミー・シスト / ケヴィン・ゼガース / エマニュエル・シューキー


王道ホラー!
マウンテンマンがいっぱい!
ラストの爆発シーンのその後が気になります。ほんとに死んだのかな。
単純でわかりやすくて、こんな映画は大好きですが、はじまってすぐ、大爆笑してしまいました。 一歩間違えれば、コメディにもなりうるってところが、ホラーのいいところじゃないでしょうか。

突然変異で異常に筋肉が発達した人たち(=マウンテンマン)が森に住んでて、 彷徨いこんだ人々を、どんどん、追いかけて殺していくという・・・。

弓矢使えたりするマウンテンマンもいたりして、すごいじゃん!と、感嘆。

もちろん、殺したつもりが死んでないのです。
つまりもう、人間じゃなくて化け物なので、
ジェイソンやフレディみたいに、もしもシリーズ化されたりなんかしたら、
間違いなく、コメディ一直線になるんじゃないかと思われるような映画で、とても楽しめました。

追記:現在6作品あるもようです!見てませんが!

ページ目次 | タイトル一覧

笑いたい気分の時に!映画「ピラニア」(1978)

原題: PIRANHA 1978年制作・アメリカ
監督: ジョー・ダンテ
制作: チャコ・ヴァン・リューウェン / ジョン デイビソン
制作総指揮: ロジャー・コーマン / ジェフ・シェクトマン
脚本: ジョン・セイルズ
撮影: ジェイミー・アンダーソン
音楽: ピノ・ドナッジオ
出演: ヘザー・メンジース / ブラッドフォード・ディルマン / ケビン・マッカーシー / キーナン・ウィン / ディック ミラー


軍の施設でピラニアの研究がされていたのです。塩水でもOK!寒くてもOK!
のピラニア。
そのピラニア達が、プールから排水されて河へどーん!
ピラニアVS人間の死闘。つつかれる人間たち。です。スゴイ。

すごくよく出来ていて、ピラニアにつつかれて水の中で浮遊する肉片とか、けっこうリアルなんです。でも、音楽は軽やか!来た!ピラニア!!

しかも、「客が食われてます」って、言うんですよ。
その台詞どうよ!と思ったら爆笑ものです。
何を隠そう、私はこういうのが、大好きです(笑)

あーもう、すごく面白かったです。大ヒット!また、オープニングにどーん!と出てくる赤いPIRANHAのタイトル。ラストも出てきて、あ。終わった。みたいな感じですっごく素敵。

笑いたい気分の時にどうぞ(笑)

ページ目次 | タイトル一覧

「ピラニア」の続編。ジェームズ・キャメロン監督デビュー作。映画「殺人魚フライングキラー」(1981)

原題:PIRANHA II: FLYING KILLERS/PIRANHA II: THE SPAWNING
(1981 年 / アメリカ / イタリア)
監督: ジェームズ・キャメロン
製作: チャコ・ヴァン・リューウェン / オヴィディオ・G・アソニティス
製作総指揮: オヴィディオ・G・アソニティス
脚本: H・A・ミルトン
撮影: ロベルト・デットーレ・ピアッツォーリ
音楽: スティーヴ・パウダー
出演: トリシア・オニール / スティーヴ・マラチャック / ランス・ヘンリクセン / リッキー・G・ポール / レスリー・グレイヴス


  • 空を飛んできます。その時、変な効果音が入ります。ピチャピチャばさばさ。って感じ?
  • 「タイタニック」や「エイリアン2」のジェームズ・キャメロン監督デビュー作です。お腹から殺人魚が飛び出します。
  • 「ピラニア」の続編です。笑うしかありません。

冒頭、若い男女のカップルが、海に沈んだ難破船でいちゃついてると、どこからともなくやってきた魚が群れをなして彼らを襲い、辺りは血の海に・・・。
まさに、殺人魚!

オープニングでつかみはOK!

殺人兵器として作られた殺人魚。
この殺人魚、けっこう大きくて、怖い顔してるのだ。
しかも、ピラニアとトビウオを交配させて、今度は飛んでくる!
思いっきりフツーに、飛んでくるのよ。跳ねるとかじゃないの!
いくらなんでも、飛びすぎ!

ぶ。はははははっ!!!

キタ!効果音!!ピチャピチャばさばさ!!!
来たぞ、来たぞ、殺人魚!みんな、逃げて!!びっくり
てな感じです。

・・・いやー。ご馳走サマでした。

ページ目次 | タイトル一覧

サム・ライミ監督デビュー作。映画「死霊のはらわた」(1983)

製作年:1983年 製作国:アメリカ
原題:THE EVIL DEAD
監督:サム・ライミ
製作:ロバート・G・タパート
製作総指揮:ブルース・キャンベル、ロバート・G・タパート、サム・ライミ、
脚本:サム・ライミ
撮影:ティム・ファイロ
音楽:ジョセフ・ロドゥカ
出演:ブルース・キャンベル、エレン・サンドワイズ、ベッツィー・ベイカー、ハル・デルリッチ、サラ・ヨーク、エレン・サントワイズ、ベッツィー・ベイカー、ハル・デルリック


この映画を初めて見たのは、確か16歳の時でした。
夜中に友達の家で(笑)

そりゃもう、泣きそうになりながら震え上がってた。

ような気がするんで、
今回、20周年のアニバーサリーバージョンのDVDも、
見るまでに、ものすごく勇気が必要で、やっとこさ、見た次第です。

今じゃすっかり有名な「スパイダーマン」のサム・ライミ監督のデビュー作。

男女5人が向ったバカンス先(山小屋)で、
悪霊たちを呼び起こしてしまい、つぎつぎに殺されていっちゃうホラー映画。

そもそも、悪ふざけをして地下室にあった、わけのわからない呪文みたいなのを唱えちゃったのがコトのはじまり。

そうだ、こんなだったなー。

とか思いながら、何一つ、ビビることなく、見終わってしまいました(^^;

大人になるって悲しい(笑)

悪霊の木(?)が女の子を絡めとって、まさかのレイプ?シーンとか、

悪霊が、女の子の足首にえんぴつを刺したら、
そこから蜘蛛の巣みたいにブワーッと広がるシーンとか、

16歳の頃はびびりまくってた(^^;

今は懐かしさに笑えた(笑)

悪霊に乗り移られてる子の、顔面の特殊メイクも素晴らしい。

はぁー。いろんな意味で面白かった(^^)

2012.04.15 | ページ目次 | タイトル一覧

遺伝子操作された魚が襲ってくる!映画「フランケンフィッシュ」(2004)

原題: FRANKENFISH
(2004 年 / アメリカ)
監督: マーク・A・Z・ディッペ
制作: デヴィッド・ヒラリー / ティモシー・ウェイン・ピーターネル
脚本: サイモン・バレット / スコット・クレヴェンジャー
撮影: エリオット・ロケット
音楽: ライアン・ビヴァリッジ
出演: トリー・キトルズ / チャイナ・チャウ / ミューズ・ワトソン / トーマス・アラナ / K・D・オーバート


おっきなお魚が、人間を襲うお話です。
こいつらが、どんどん増えます。もう退治しきれません。

期待通りです。B級好きの私には、たまりません。

悪いヤツらに、遺伝子操作されてまして、そして、遺伝子操作した悪いヤツらは、食べられちゃいました。

・・・まぁ。そんなもんです。

退治した!やったね! と、思ったら、ちっちゃいのが、たくさん出てきました。
友達と一緒に観てたのですが、けらけら笑いながら、「ゼッタイ、出てくるよね!ちっちゃいの!」 なんて話してたとこだったので、最高に面白かったです。

84分という短さも好きです。

ページ目次 | タイトル一覧

凶暴ワンコが襲ってくる!ミシェル・ロドリゲス主演映画「ファイナル・デッド」(2006)

原題:THE BREED
(2006 年 / ドイツ / 南アフリカ / アメリカ)
監督: ニコラス・マスタンドレア
製作: デヴィッド・ランカスター
製作総指揮: ウェス・クレイブン
脚本: ピーター・ワートマン
出演: ミシェル・ロドリゲス / タリン・マニング / オリヴァー・ハドソン / エリック・ライブリー


5人の男女が無人島にバカンスにやってきた。でも、そこには遺伝子操作された凶暴な犬がいて、みんなを襲う!
という、ベタなパニックムービー。

  • 白いパンツにピンクのシャツ着た、女の子らしいミシェル・ロドリゲス!
  • キャー♪なんて言いながら飛び込んで遊ぶ海の水しぶきが、茶色くて汚い。・・・無人島のくせに。
  • 2006年の映画だなんて信じられない。やっつけだわ(ー"ー;)

ボートから無人島に降り立つ女。そこらを探検。
すると、出た!きました、何やら怪しい雰囲気!
あれよあれよという間に、女は何かにひきずられ、血だらけになりながら悲鳴を上げて消えてゆく。

そんなオープニング。

ぶっちゃけ、あまりの安っぽさに見るの、やめようかと思った(^^;

その無人島にやってきたのが、ミシェル・ロドリゲスとその仲間たち。
あわせて5人。

相手が犬ですからね、どこからでもやってくるのですよ。
しかも、遺伝子操作されてて、とっても凶暴だし、賢い!
若者達は無人島からの脱出を試みますが、犬たちにしてみれば、この無人島は彼らの縄張り。パラダイスです。人間はごはんになるしさ。

犬の群れvs人間

とっても賢い犬の群れたちとは正反対で、若者たちがバカなんですね。
お約束なんでしょうかね(^^;
ありとあらゆるところにツッコミ入れたくなります。

ラスト、ボートに乗って島を脱出!助かったのかと思いきや、
そのボートにはすでに凶暴ワンコが乗り込んでいて、全滅?

という、これ以上ないくらい、ベタな見たことある終わり方。

つーかさ。
ボートに乗ってた凶暴ワンコ、自爆テロみたいになってんじゃんよ。
イヌカキして、泳いで島に帰るわけ?

ある意味、オモシロイ。

ページ目次 | タイトル一覧

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA