超豪華キャスト集結の群像劇!映画「ボビー」

原題: BOBBY
(2006 年 / アメリカ)
監督: エミリオ・エステベス
製作総指揮: アンソニー・ホプキンス
脚本: エミリオ・エステベス
音楽: マーク・アイシャム
出演: アンソニー・ホプキンス / デミ・ムーア / シャロン・ストーン / エミリオ・エステベス / ウィリアム・H・メイシー / ローレンス・フィッシュバーン / リンジー・ローハン / イライジャ・ウッド / ヘザー・グラハム / ハリー・ベラフォンテ / ニック・キャノン / アシュトン・カッチャー / マーティン・シーン / ヘレン・ハント / クリスチャン・スレーター


映画「ボビー」個人的感想

暗殺されたケネディ大統領の弟・ロバートは、司法長官であり、相談役として兄を支えていた。兄の死後、民衆に希求され、大統領選に出馬するが、兄ジョン・F・ケネディと同じく、暗殺されてしまう。

それは、1968年6月5日、L.A.アンバサダーホテル。

この映画は、事件当日に偶然居合わせた22人の人間模様を描く社会派群像ドラマです。

ケネディ議員が、一体、どれほどまでに民衆に希求されていたのか、とても、よく表現されていたと思います。いまいちよく知らない私だって、へぇ~。と、思ったので。

でもですね。

アンバサダーホテルに居合わせた人間ドラマがイマイチでした(^^;
なんかねぇ・・・。
別に、どうでもいいよね。

ハイになってる若者、黒い靴を忘れた女、浮気がばれちゃう旦那、老いを感じる歌手、ダブルシフトの厨房スタッフ、偽装結婚しようとする若いカップル、家に帰らないドアマン・・・。

キャストが豪華だから見れたし、人間臭さもよかったけど、なんとなく、流れていっちゃう感じです。

が、ケネディ議員がホテルに到着してからは、あっという間。

カリフォルニアでの投票結果。
サイモン&ガーファンクルの「sound of silence」
銃声。撃たれた議員と民衆。深い喪失感。

ここにきて、「なんとなく流れていっちゃう感じ」だったこれまでの人間ドラマを思い出して、涙が出ました。

もしご覧になるなら、特典映像までどうぞ。
この時、巻き込まれて撃たれた民衆5人は、助かったらしいです。
ケネディ議員は、運ばれながら民衆の心配をしていたそうです。

「かつて王であり、未来にも王たる者」

今と昔。
アメリカは何か、変わったのかな。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です