トム・クルーズがリメイク権を獲得した香港のホラー映画the EYE [アイ]シリーズ3作。

香港のホラー映画、the EYE [アイ]シリーズ3作品。

見てはいけないものまで、見えてしまう・・・。怖。

the EYE [アイ]シリーズ3作品の目次

the EYE [アイ](2001)★★☆☆☆
the EYE2 [アイ2](2004)★★☆☆☆
the EYE3 [アイ3](2005)★☆☆☆☆




映画「the EYE [アイ]」個人的感想

原題: THE EYE
(2001年・香港/タイ/イギリス/シンガポール)
監督: オキサイド・パン / ダニー・パン
制作: ピーター・チャン / ローレンス・チャン
制作総指揮: ピーター・チャン / ローレンス・チャン / エリック・ツァン
脚本: オキサイド・パン ダニー・パン / ジョージョー・ホイ
撮影: デーチャー・スリマントラ / デーチャー・シーマントラー
音楽: オレンジ・ミュージック
出演: アンジェリカ・リー(李心潔) / ローレンス・チョウ / キャンディ・ロー / チャッチャー・ルチナーノン / エドマンド・チャン


盲目の女性・マン(アンジェリカ・リー)が、角膜の移植手術を受けたら、移植した角膜を通してそれまで見えなかったもの、霊までが見えるようになってしまい・・・。

ていう、ホラー映画なんですけれども、観てる間は全っ然、怖くナシ。
どこでびびればいいのか、よくわからない感じ。

でも、怖いんです。それは観終わってから。
時々、思い出しちゃったりなんかして。不気味。

だってもし私なら、間違いなく発狂。
ここはどこ?私の部屋はどうしちゃったのよ。
ていうかもう、いい加減にしてーー!!!の世界です。

けっきょくラストは、気丈にも立ち直ったマンでさえ、誰一人救えず、忍び寄る黒い影(死神)がわんさかと溢れて道路にいっぱい!

これが実際にあった事件をモトに映画化されてるってんだから、恐ろしさもひとしお!!

死にそうな人を黒い影(死神)が迎えに来て、連れて行く。
・・・って、見える人には見えそうな世界でちょっと怖い。
たとえドナーがまた現れたとしても、もう、移植手術は受けたくないだろうな(^^;

それはそうと、トム・クルーズがリメイク権を獲得。
ジェシカ・アルバ主演で2008年に「アイズ」というタイトルでリメイク済。
まだ見てないので、どんな映画になったのか気になります!

ページ目次 | タイトル一覧

映画「the EYE2 [アイ2]」個人的感想

原題: THE EYE 2 / 見鬼2
2004年制作 製作国:香港/タイ
監督: オキサイド・パン / ダニー・パン
制作: ピーター・チャン / ローレンス・チャン
制作総指揮: エリック・ツァン / ダニエル・ユン
脚本: ジョージョー・ホイ
原作: ジョージョー・ホイ
撮影: デーチャー・スリマントラ
出演: スー・チー / ジェッダーポーン・ポンディー / ユージニア・ユアン / フィリップ・クォック


自殺未遂をしたスー・チー演じるジョーイは、かろうじて一命を取り留めたものの、以降、霊の姿が見えるようになってしまう。それが霊ではなく、まるでそこに人が存在しているかのように、見ええてしまうのだ。

そしてこの霊が狙っているのは妊婦さん!タチ悪い!

お腹の赤ちゃんに転生して生まれ変わりたい霊たちが、妊婦さんの周りをうろつき、出産するその瞬間に子宮に入り込んで転生するという、なんとも悪趣味なお話!前作と違って、品がなくなっちゃったわ(^^;)

スー・チー演じるジョーイも妊娠しているのですが、自殺した不倫相手の奥さんがお腹の赤ちゃんに転生したがってるのですよ。

スー・チーは赤ちゃんを守ろうとそりゃもう必死!

不倫相手の奥さんの霊に転生されるくらいなら死んでしまおうと、身重の体を引きずって、何度もビルから飛び降りるんだけど、死ねないのだ。

血だらけのスー・チーが、赤ちゃんのいるお腹を抱えて階段を引きずり上がり、柵をよじ登り、飛び降りる。血が飛び散ってスー・チーはさらに血だらけ。でも、転生したいという女の霊のおかげで死ねない。

ついには彼女(霊)の思いを受け入れ、女の子を出産。

もうちょっとこう、スマートに転生できないの?と思ってしまう。
妊娠した時点で転生は済ませておいて欲しいわ(ー"ー;)

別に怖くはないけど、気分の悪くなるホラー映画でした。

ページ目次 | タイトル一覧

映画「the EYE3 [アイ3]」個人的感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

the EYE3 アイ3 【吹替え無し】チャン・ボーリン【中古】
価格:174円(税込、送料別) (2017/4/3時点)

原題: THE EYE 10/THE EYE-INFINITY/見鬼10
(2005 年 / 中国 / 香港)
監督: ダニー・パン / オキサイド・パン
製作: ピーター・チャン / ローレンス・チャン / エリック・ツァン
製作総指揮: エリック・ツァン
脚本: ダニー・パン / オキサイド・パン / マーク・ウー
出演: チェン・ボーリン / イザベラ・リョン / ケイト・ヤン / クリス・クー


前2作がけっこう好きなので、これはとても楽しみにしていた。

・・・・なのに。

ガッカリ (ー"ー;)

何となく手に取った本には、「幽霊を見る10の方法」が書いてあったのです。「幽霊を見ようじゃないか♪」と順番に試す若者達。
最初はふざけてただけなんだけど、本当に幽霊が見えちゃうし、行方不明者出てくるし、

・・・って、

「自業自得なんだから仕方ないんじゃないの。」

としか言いようのない映画だった。

ホラー映画のきっかけってそんなものかもしれないけど。
遊び半分で試すから霊が出てきちゃうという・・・王道と言えば王道。

「幽霊を見る10の方法」を売ってる本屋の店主もいかにもな感じで胡散臭い。

観た人にしかわかってもらえないけど、「股覗き」って!(^^;
ちょっとふざけてるのかしらと思ってしまう。

そして終盤の幽霊vsカップルの霊界での戦い。
あまりのアホらしさに鼻で笑ってしまいました。

まったく!

2度も言うけど、・・・ガッカリです(ー"ー;)

・・・・くだらない。

2017/5/8 | ページ目次 | タイトル一覧

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA