3DCGアニメになって登場!映画「GANTZ:O(ガンツ・オー)」

製作年:2016年
製作国:日本
総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
原作:奥浩哉
脚本:黒岩勉
音楽:池頼広

出演: 小野大輔 / M・A・O


映画「GANTZ:O(ガンツ・オー)」個人的感想

原作のコミックファンなら、思うはず。
実写版もそこそこよかったんですけれど、最初にこれやればよかったのに。って。
というか、コミックファンでなくとも、楽しめると思う

最初は、3DCGアニメってなんだかゲーム観てるみたいで微妙だなぁと思っていたけど、この映像美は感動もの。原作に出てくる星人たちが、お見事、リアルに再現されていて、これは実写じゃ到底かなわないレベルだと思う。というか、女体女体女体になっちゃうシーン、あれをやってくれただけで立派。

ストーリーも超シンプル。

死んだ人間が生き返らされて星人たちと闘わされる。それだけ。「俺たちは一体どうして闘っているんだ?」とは加藤くんのセリフ。もはや理由付けなんてどうだってよくて、この不条理な感じが面白い。

ちいてん、100!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA