映画みて涙するのは久しぶり!「LION/ライオン~25年目のただいま」

原題 Lion
製作年 2016年(オーストラリア)
監督: ガース・デイビス
原作者: テッド・チャン
制作:エミール・シャーマン / イアン・カニング / アンジー・フィールダー

出演:デブ・パテル / ルーニー・マーラ / ニコール・キッドマン / デビッド・ウェンハム / サニー・パワール

5歳の時に迷子になったインドの少年が、オーストラリア在住の夫婦に育てられ、25年後、Google Earthで故郷を探し当てて家族に会いに行く、実話をもとにした物語です。

幼少時代、サルーが迷子になってからオーストラリア人夫婦に引き取られるまでの壮絶な体験にグイグイと引き込まれる前半。

故郷を探し始める後半と、葛藤。彼女役のルーニー・マーラ、めちゃくちゃキレイだけど、別にその辺は端折ってもよかった気がする。

それにしても、オーストラリアの養母がすごいわぁ。

グーグルアースで探し当てるところもすごいけど。

ラスト、感動の再会シーンでは思わず涙しちゃいました。私。
映画観て泣くのは久しぶりです。

いい映画観ました。
おすすめです!

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA