シリーズ第4作目!映画「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」

原題: Mission: Impossible - Ghost Protocol
製作国: 2011年アメリカ映画

監督: ブラッド・バード
製作: トム・クルーズ、J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク
製作総指揮: ジェフリー・チャーノフ、デビッド・エリソン、ポール・シュウェイク、デイナ・ゴールドバーグ
原作: ブルース・ゲラー
脚本: ジョシュ・アッペルバウム、アンドレ・ネメック
撮影: ロバート・エルスウィット
美術: ジム・ビゼル
編集: ポール・ハーシュ
衣装: マイケル・カプラン
音楽: マイケル・ジアッキノ

出演: トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、ポーラ・パットン、マイケル・ニクビスト、ウラジミール・マシコフ、サムリ・エデルマン、レア・セドゥー、ジョシュ・ホロウェイ、アニル・カプール、トム・ウィルキンソン、ビング・レイムス、ミシェル・モナハン


映画「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」個人的感想

のっけから、ぐわぁしっ!と、つかまれます。(^^)

ビルから飛び降りるエージェントが、振り向きざまに銃をバンバン。
ありえないかっこよさ!
が、あっけなく寡黙なブロンド美女に殺されてしまう。

わお!!なオープニングでした。

シリーズはもちろん全部観てますよ。
でも、今までは、スパイ映画としての面白さなら、1がダントツでした。
2も3もかっこいいし、好きだけどね。1が好き。

でも今回の4!最高!

核ミサイル発射を阻止すべく、チームが動きます。
が、ロシアのクレムリンを爆破した容疑をかけられたのはイーサン・ハント。
大統領は「ゴースト・プロトコル」を発令して、IMFは活動を停止。

よって、これから先は任務外の作戦。
降りたい奴は今、降りろ。ってイーサン・ハント。

降りるもんか。
核ミサイルを何としてでも、阻止しますよ!

ワクワクしましたよ、私。

ミッション・インポッシブルの楽しいところと言えばやっぱり、
なんだかありえないような小道具の数々です。スパイ道具♪

写真機能のついたコンタクトレンズや、
ターゲットの視界にあわせて画像の変わるスクリーン。
磁石のローバーも面白い。絶対、信用できないけど(笑)

イーサンが130階にあるサーバー室に忍び込む為に使った壁を登るグローブ。
あれ、脚用も作っとけばよかったのにね(笑)

高所恐怖症の私は、このシーン、マジで内臓がひきつりました(^^;
お尻のあたりがむずむず。
怖すぎっ!!

危機一髪のハラハラドキドキシーンがたくさんあって、
最高でした♪

それに今回は、ほとんどラブロマンス的なシーンがなくて、
(そこがまた面白い!!)
1度だけ、アドリブでキスシーンがありました。

アドリブでキスって!!

余計、照れてしまったりして(笑)

ただの分析官だと言っていたブラントの過去のエピソードも良かった。
イーサンとブラントがやりあったシーン、かっこよかったわ~!

女の子二人の対決もすごかった!

でも最後、イーサン、奥さんの前に出ちゃダメなんじゃない?
と、思ってしまいました(^^;

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA