大阪市立自然史博物館へ恐竜の化石を見に行ったら3歳男児のテンション上がりまくりでした。

スポンサーリンク
3才男児を子育て中
大阪市立自然史博物館へ行ってきた。

大阪長居公園にある大阪市立自然史博物館へ、家族3人で行ってきました。

地下鉄をガタンゴトンと乗り継いで(電車大好きの息子はそれだけで大喜び!)御堂筋線「長居」駅、3番出口を出てすぐそこにある大阪市が誇る広大な長居公園。マラソンコースを右へ散歩がてら10分ほど歩くと、長居植物園と大阪市立自然史博物館があります。

大人1枚300円、中学生以下無料のチケットを購入して進むと、エントランスの手前に大きなクジラの化石が天井から3体もぶら下がっていて、その迫力に3歳の息子は目を見開いて、いやもうこれはどうしたらいいかわからん!という事態におちいったような興奮状態となり、それを見た私たち夫婦は、「連れてきてよかった」と本当に心の底から感じたのでした。

エントランス前のクジラの化石から館内の恐竜たちまで

「わ!ママ、見て!!」
と指さすそこには、天井からクジラの化石が!

大阪市立自然史博物館のエントランス前のくじらの化石

びっくりしすぎて、逆に肩を落としちゃった息子(笑)

もうどうしていいからからない状態の息子(笑)

でも、息子なりに一生懸命考えて、整理しています。

息子なりに一生懸命考えて、整理しています。

何がどうなっているんだか。

でも、本番はここからですよ!(^^)

いざ、館内に入るとマンモスがお出迎えです!

大きなマンモスがお出迎え!

とくに壁にはりついてる大きなワニの姿を見つけた瞬間、息子は興奮しまくって、受付のお姉さんに「ふふふ」と優しく微笑んでいただきました(笑)

マンモスの横を通り抜け、階段を2階へと上がるとそこはもう、まさに自然史パラダイス。昆虫や小動物、サルや人間、植物もイロイロ。めまぐるしく歴史をさかのぼっていき圧倒されます。もちろん恐竜も!

大人でもそう感じるんだから3才の息子なんて、もう興奮がさめることなく続いていて、ちょっと心配になるくらいでした(笑)

昆虫から恐竜までさまざまな自然史に圧倒される

一通り見終わった後、「もう1回、恐竜を見に行こう!」と息子にリクエストされてさらに一周。その後、こっちに遊べるコーナーがあるよと、連れて行ったドングリを手回しでコロコロするコーナーで、延々30分ひたすらコロコロとハンドルを回し、ようやく気が済んだ息子は、

「じゃぁ、公園に行こ♪」

と、自然史博物館に来る途中にあった長居公園の一画、遊具と子供であふれる素敵な公園に出向き、滑り台を滑ったり、くじらに乗ったり、赤い車に乗ったりして遊び、親子ともども疲れ切って帰ってきたのでした(笑)

駅近で、大人一人300円でこれだけ遊べて(というか勉強させていただいて)息子がこんなに大喜びするなら、これは私たち家族のお出かけスポット、ベスト3に入ります!

天王寺動物園、なんばのヤマダ電機のキッズスペースに続きます。最高!

大阪なんばでフリータイム500円で遊べるキッズスペース。保護者無料でお得!遊キッズ愛ランド
この時期、外は寒いから公園は嫌なんだけど(親が)、元気いっぱいの子供たちは遊びに行きたい!し、一日中、子どもと家で過ごす毎日が続くと親もストレス溜まる・・・ハズ。かといって、あまり高額な屋内遊園地には連れていけないし・・・。 という時...

大阪市立自然史博物館利用案内

開館時間

3月~10月
9:30~17:00(入館は16:30まで)
11月~2月
9:30~16:30(入館は16:00まで)

観覧料

観覧料
大人 300円
高校生・大学生 200円
大阪市内在住の65歳以上の方(証明書要提示) 無料
中学生以下・障がい者の方(証明書要提示) 無料

30人以上で団体割引もあります。

休館日

毎週月曜(月曜が休日の場合はその翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)

大阪市立自然史博物館のおみやげ

カブトムシのぬいぐるみと、恐竜の卵を買って帰りました。

なかでも恐竜の卵は1日ほど水につけておくと殻が破れて、中から恐竜が出てくるというおもちゃで、殻が破れて小さな恐竜が顔を出した時はまたもや息子が大興奮(笑)

よくできてるなぁと感心しました(笑)

恐竜の卵のおもちゃ

恐竜の卵から赤ちゃん恐竜が生まれた!

しかも、さらに大きくなるらしいので、息子は今か今かと、楽しみにしています(笑)

楽天にもありました(^^;)

特にテプラノドンが大好きな息子に何か買ってあげようかな?と楽天市場を探していたら、950,400もするテプラノドンが出てきてびっくりしました(^^;

小さな恐竜展へも行ってみる。

そんなに恐竜が好きならばと、ちょうど大阪南港ATCで開催されていた、「REPTILES FEVER(レプタイルズフィーバー)2019~小さな恐竜たちの世界~」へも行ってきました。

開催期間が2日間と短かったため、予備知識なしでとりあえず向かったのですが、どうやらちょっと間違いでした(^^;

小さな恐竜展(南港ATC)へ子どもと行ってきた感想。レプタイルズフィーバー2019
大阪南港ATCホールで開催中のREPTILES FEVER(レプタイルズフィーバー)2019~小さな恐竜たちの世界~に、恐竜大好き!の3歳の息子と二人でお出かけしてきました。 その感想は・・・。 はい。 なんか間違えた!(...

何事も経験。

こんなこともありますよね!(笑)

Comment

スポンサーリンク
スポンサーリンク