昔懐かしいジョニー・デップ出演映画の感想とかおすすめをアラフォー女が語る。

スポンサーリンク
映画大好き
映画大好き!


出典:Amazon.co.jp

映画ファンならば、ハリウッドが誇る映画俳優、ジョニー・デップをご存じない方なんて、なかなかいらっしゃらないことでしょう。特に、女子は、キャーキャー色めきたっても不思議でない、いや当然というべく男前です。

かくいう私も昔からジョニー・デップのファンですが、どこが好きって、そのどこか不思議な雰囲気といいますか、まなざしの奥の力強さといいますか、なんだろう一体。

決して男は顔だけよくてもダメなんだよ。

という代表です。

ここから先は、いえすでにもう始まっていますが、すべて独断と偏見の入り混じった超主観全開の、アラフォー女子が語る昔懐かしいジョニー・デップ出演映画のなんちゃってな感想です。

ムズカシイことはよくわかりませんので、お気を悪くいたしませんよう・・・。

ジョニー・デップに惚れたきっかけは「シザーハンズ」


シザーハンズ(特別編) [DVD]

1990年製作のティム・バートン監督とジョニー・デップがタッグを組んだ、どうにも切ないラブファンタジーです。

当時思春期だった私は、手がハサミの人造人間エドワード(ジョニー・デップ)と、人間の女の子キム(ウィノナ・ライダー。てゆーかこの年になると、ウィノナ・ライダーとか懐かしい感じがめいいっぱいしてきます)の、一度は愛を確かめ合うも離れざるをえなかった切なすぎる悲恋が、胸の奥底からウルウルとこみあげてきて、

号泣。

また、当時公開していた時のキャッチコピーが、「抱きしめたいのに抱きしめられない」(手がハサミだから)みたいな感じのコピーだったので(記憶もあいまいですがそんなポスターを電車で見た気がする)

こんなに好きなのに!

と、思春期の若かった乙女心を重ね合わせて泣いたのでした。

以後、ティム・バートン監督とジョニー・デップの作品は必ず見てるし、たとえジョニー・デップが出演していなかろうと、ティム・バートン監督作品も大好きになりました。

ティム・バートン×ジョニー・デップの「スリーピー・ホロウ」


スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

1799年、NY郊外の小さな町、「スリーピー・ホロウ」で、首を切り落とされた死体が見つかったのです。しかも、首は犯人のお持ち帰りで。ジョニー・デップ演じるNY市警の捜査官イガボット(言っちゃ悪いけど、変な名前!)が調査に向ったら・・・。

犯人は、なんと首のない幽霊騎士!

しかも、幽霊騎士の頭を隠して操ってる魔女が!

どっぷり暗いのに、なぜか明るい、この不思議な世界が私は大好きです(^^)

ちょっとダークな感じが好みなんですね、きっと。

クリスティーナ・リッチもとっても可愛いです。

さらに暗黒ムード炸裂の「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」


スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [DVD]

18世紀のロンドンで160件の殺人に関与したとも言われる伝説の殺人鬼・スウィーニー・トッドの物語で、これまでに何度も映画になったり、舞台になったりしているらしいのですが、それをティム・バートンが映画化するとこうなります。

まず、最高のオープニング(笑)

ネバネバした血が流れる肉挽き機。
にゅるにゅると、はみ出てくるひき肉。

ものすごくダークで悪そうなのが始まる予感がして、ワクワクさせてくれます。

そんな期待に胸高まったところで、今にも死にそうな顔色と、どす黒い目で高らかに歌いあげながら、ジョニー・デップが登場。

こんなに歌えるなんてすごい。さすがだなぁと妙に感心。

歌い続けながら、パイ屋の2階で理髪店。
ざっくざっく、剃刀で喉をぶった切り、いつの日かの復讐を胸に誓う。
で、また、ざっくざっくと、ためらうことなく剃刀で喉をぶった切る。

ヘレナ・ボナム=カーターのパイ屋は、人間ミートパイで大繁盛♪

(パイの肉にしようだなんて、)
「君はなんてセンスがいいんだ!」
ってセリフがツボでした(笑)

いえ、本当にとっても面白かったんだけど、最初から最後まで異常にテンションの高い映画で、ちょっと疲れちゃいました(^^;

ご馳走様でした<(_ _)>

ジュリエット・ルイスやディカプリオと共演した映画「ギルバート・グレイプ」


ギルバート・グレイプ [Blu-ray]

1993年、シザーハンズから3年後の青春映画です。

疲れ切っていた青年ギルバートの心が、今は胸にしみます。

やさしさとか、あたたかさに包まれる本当に素敵な映画ですよ。おすすめです。

ちなみに、レオナルド・ディカプリオが知的障害を持つギルバート(ジョニー・デップ)の弟役でアカデミー賞にノミネートされてます。

ジュリエット・ルイスがめちゃくちゃ可愛くてきゅんとなります(笑)

切ないけど心温まる本当に素敵な映画「妹の恋人」


妹の恋人〈特別編〉 [DVD]

同じく1993年の映画です。

精神病を患う妹のために自分の人生を何もかも我慢している兄がいます。面倒を見るのはとてもつらいけど、妹を施設に入れたくはない・・・。

ところがそこに、ジョニー・デップ演じるサムがやってきて、純粋な二人が恋に落ちます。

兄はますますどうしていいかわからない・・・。

「なんで憎むの?」と言ったセリフがとっても切ない。

まさか憎んでなど!!!そう思ったけど、心の奥底では思っていたんですね。妹のために自分が犠牲にしてきた何かのことを。奥底にはしまえていなかったんだ。

切ないけど心温まる本当に素敵な映画です。おすすめです。

ジョニー・デップが監督・脚本・主演の3役をこなした映画「ブレイブ」


ブレイブ [Blu-ray]

家族のために死ねますか?

悲しくて、言葉が見つからなくて、どうすることもできない。

今は私も家族ができたから、今もう一度見たらきっと何か違う気持ちになるんでしょう・・・。

番外編「エルム街の悪夢」


エルム街の悪夢 スペシャル・エディション [DVD]

ホラーとコメディは紙一重。と、勝手に思っている私なので、ホラー映画を見ながらケラケラと笑ってしまうタイプです(笑)

1986年に公開されたこの「エルム街の悪夢」はその後、人気を博しシリーズ化され、13日の金曜日シリーズのジェイソンと戦うまでにいたった大人気ホラー映画なのですが、

第1作のこちらには若かりし日のジョニー・デップが出演しているんです。

べろーーん!と、受話器から飛び出てきたフレディの舌にびっくり慄くジョニー・デップ。

今見たらめっちゃ笑えます(笑)

Amazonプライム会員のすすめ

わずか1か月400円(年間だと3900円で月換算325円でお得!)というお得な料金でAmazonプライム会員になると、映画も見れるし、音楽も聴けるし、漫画も小説も読めちゃうし、お買い物の配送も翌日で超便利。

30日間は無料でお試しできるので、ぜったい、試してみる価値あります。

近所のTSUTAYAには悪いけど、今更、レンタルビデオなんてできないわ。返しに行くのが面倒!(^^;)

Amazonプライム30日間の無料体験はこちら。

Comment

スポンサーリンク
スポンサーリンク