くも膜下出血で倒れてから脳内に水が溜まる水頭症と診断され、先日、水を抜く手術、シャント術を行った母の様子を見に行ってきた。

1歳の息子の手をひいて病室を訪れると、昼食をとっていた母はすぐに顔を上げて私たちを認めると、
「あっ!」
と、言った。

これは、普通の人ならなんてことないことなんだろうが、母にしてみたら、本当にすごいことなのだ。

今までなら、私たちが誰なのか、一瞬、考えねばならなかったのだから。
そして、「ああ、娘とその息子だ」と、ふむふむ納得するのである。
納得したからといって、うれしいとか、よく来たねとか、そういった感情がこみあげてくるわけでもないので、こちらとしては、軽くしょんぼりした気持ちになるのが常だったのだ。

それが、シャント術後は、一瞬で「あっ!」と、理解した。

そしてうれしそうに笑ったのだ。

感激した。

病室だと1歳の息子が泣くので、同じフロアにあるロビーに向かった。
ほんの数十メートルだが、母は、ちゃんとしっかり歩いた。
もちろん手をつないでいたし、手すりもつかんでいたけれど、小股のちょこちょこ歩きだけど、それでも今までとは考えられないほどしっかりと歩いたのだ。

びっくりした。
「お母さん!すごいやん!」と言うと、母はこれくらい何でもなさそうにちょっと得意げに笑った。

ロビーに着くと、3人掛けのベンチの真ん中に母を座らせて、1歳の息子を母の右隣に座らせた。

うっかりだった。
母は右の視力も聴力もあるけれど、脳が右側を認識しない。
なので、左側から声をかけてあげないといけないのに、私は母の右隣に息子を座らせてしまったのだった。

母はきょろきょろと辺りを見て、「子供は?」と聞いた。

そうだった!と、慌てて息子を左隣に座らせる。

母は自分の孫を認めて、うれしそうに笑った。

持ってきたシュークリームを一緒に食べたりして、ほんの小一時間だが一緒に過ごした。

たくさん話をしたが、母の話はほとんどわからなかったし、妹の名前もごっちゃになっているようだった。
だが、こちらの話は概ね理解しているように感じた。

劇的な変化は見られないだろうと言われたが、確実に、症状は改善したように思った。

良くなっている!
そう感じた。

久しぶりに、母に会えたような気がして私はうれしくなった。
希望が見えた気がしたのだ。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村