くも膜下出血で倒れてから脳内に水が溜まる水頭症と診断され、先日、水を抜く手術、シャント術を行った母の様子を見に行ってきた。

1歳の息子の手をひいて病室を訪れると、昼食をとっていた母はすぐに顔を上げて私たちを認めると、
「あっ!」
と、言った。

これは、普通の人ならなんてことないことなんだろうが、母にしてみたら、本当にすごいことなのだ。

今までなら、私たちが誰なのか、一瞬、考えねばならなかったのだから。
そして、「ああ、娘とその息子だ」と、ふむふむ納得するのである。
納得したからといって、うれしいとか、よく来たねとか、そういった感情がこみあげてくるわけでもないので、こちらとしては、軽くしょんぼりした気持ちになるのが常だったのだ。

それが、シャント術後は、一瞬で「あっ!」と、理解した。

そしてうれしそうに笑ったのだ。

感激した。

病室だと1歳の息子が泣くので、同じフロアにあるロビーに向かった。
ほんの数十メートルだが、母は、ちゃんとしっかり歩いた。
もちろん手をつないでいたし、手すりもつかんでいたけれど、小股のちょこちょこ歩きだけど、それでも今までとは考えられないほどしっかりと歩いたのだ。

びっくりした。
「お母さん!すごいやん!」と言うと、母はこれくらい何でもなさそうにちょっと得意げに笑った。

ロビーに着くと、3人掛けのベンチの真ん中に母を座らせて、1歳の息子を母の右隣に座らせた。

うっかりだった。
母は右の視力も聴力もあるけれど、脳が右側を認識しない。
なので、左側から声をかけてあげないといけないのに、私は母の右隣に息子を座らせてしまったのだった。

母はきょろきょろと辺りを見て、「子供は?」と聞いた。

そうだった!と、慌てて息子を左隣に座らせる。

母は自分の孫を認めて、うれしそうに笑った。

持ってきたシュークリームを一緒に食べたりして、ほんの小一時間だが一緒に過ごした。

たくさん話をしたが、母の話はほとんどわからなかったし、妹の名前もごっちゃになっているようだった。
だが、こちらの話は概ね理解しているように感じた。

劇的な変化は見られないだろうと言われたが、確実に、症状は改善したように思った。

良くなっている!
そう感じた。

久しぶりに、母に会えたような気がして私はうれしくなった。
希望が見えた気がしたのだ。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



2

くも膜下出血で倒れてからおよそ6か月後。
母の脳内に溜まってる水を抜くための手術が行われた。
水頭症のシャント術。

午後1時スタート。
手術する前の母は、なんだかもうすべて理解したように、ただ静かに笑っていた。
1歳の息子の手をひいて、頑張ってねと応援しながら手術室に入って行く母を見守った。

3時間ほどで手術は無事に成功した。
術後も術前と変わらず、母はただ静かに笑っていたようだ。
酸素マスクをしていたが。

術前の話では、そんなに水が溜まってる様子もないので、症状が劇的に改善する見込みはないだろうということだったが、医師が思っていたよりも水が抜けたみたいで、もしかすると、症状が良くなるかもしれないね。とのことだった。

水頭症は「手術で治せる認知症」と言われてるらしい。
リハビリ病院で「今が母のMAX」だと言われたけど、もしかするともっと良くなるかもしれない。
朗報だ。

母の脳からは、背中に向かい、腰の間を通って、何やら管のようなものを通され、脳内に溜まった水が常に抜けるようになった。

一生モノの手術だ。
きっとメンテナンスも必要になってくるんだろう。

でも、どんどんいい方向に向かってきている気がして何だか明るい気分だ!

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



くも膜下出血で倒れてからおよそ半年後。
そろそろリハビリ病院も退院して次の行先を決めねばならないので、自宅に引き取ることを決意した矢先、

母の歩行がまた少し困難になってきているという報告を受けた。
失禁も増えてきたと。

水頭症だった。

脳の中で水が溜まり、それが脳を圧迫してしまうのだ。

リハビリ病院で外出許可をもらい、くも膜下出血で倒れた時に運ばれて手術を受けた大きな急性期病院で診察を受けたところ、母の場合、脳内に溜まった水はほんの少しだった。

シャント術を行い、脳内にたまった水を抜いたとしても、劇的に症状が改善する見込みはなかったが、放っておくよりも手術した方が良いだろうということになり、まだリハビリ途中だったが転院することとなった。

シャント術を行った後は、またリハビリ病院に戻る可能性があったものの、一度は退院という形になるので、荷物も全部、引き上げなければならなかった。

これもまた大変だった。

豪華リハビリ病院でのバカンス的な生活とスタッフの対応にすっかり慣れていたので、転院先の大きな病院のビジネスライクな接し方に何一つ優しさを感じられず、すっかり甘えきっていた自分に少しがっかりした。

そうだった。本来、病院ってこんなものよね。
患者さんが多くて忙しく大変なのはわかるけど。

主人に荷物を持って手伝ってもらい、介護タクシーに乗り込んで、1歳の息子の手を引きながら母の車いすを押し、入院の手続きを済ませ、部屋に向かい、必要な荷物だけほどいて、母をパジャマに着替えさせ、看護師さんが持ってくる書類にサインをし、

昼寝の時間をすっかり奪われて不機嫌に泣く息子をあやし、

私たちはすっかり疲れ果てた。

そして、「2日後に控えた手術の日に、また来るからね」と、みんなで母の手をとり、感覚のある方の左手をぎゅっと握りしめて帰ってきた。

母は少し不安そうに笑っていた。

もともと小さくて細い母なのだが、なんだか一段と小さくなったような気がした。

頑張って。頑張って。

お母さんも私も、主人も息子も。
みんな頑張って。
頑張って。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村