2

一人暮らしをしていた母がくも膜下出血で倒れてからおよそ半年。
1か月後にリハビリ病院を退院することが決まった。

退院後は長女である私と同居することになっているので、昨日、同居の練習も兼ねて、3度目のお泊まりをしに来てくれた。

車で小1時間かけて介護スタッフと共に到着した母は、3度目にして初めて、マンションの5階にある居室まで車いす無しで登場した。これまた進歩である。「今日は車いす無しで来ましたよ!」と、顔なじみの介護スタッフが得意げに言った。

部屋に招き入れ、母はさっそく1歳半の孫と遊びはじめる。
その間、私は介護スタッフと今後の相談をする。

退院はちょうど1か月後の5月24日となった。
退院後の生活についても話し合った。夜間、18時から21時または22時ころまで、どうしても母を一人にしてしまうので、改めて小規模多機能をすすめられたが、どう考えても夜の22時ころに1歳半の息子を連れて徒歩でお迎えに行ける距離ではないので、途中ヘルパーさんに来てもらうことにした。

早急にケアマネを探さなければならないと、自宅から近い事業所のリストを渡された。
それは、居宅介護支援の事業所が80社近く並んでるリストだった。

その中から5社ほど○で印がつけてあったが、電話番号がのってるわけでもなく、後は勝手にしてくれ状態で、顔には出さなかったが、少しむっとした。
こんなリストを渡されて一体どうしろと?何を基準に選べと?
明日にでも地域包括センターに電話した方がよさそうである。

その後、リハビリも兼ねてと、母が一人でお茶を淹れられるように、ティファールを使ってお湯を沸かす練習をした。
「え?そんなこともできるの?!」と、私はびっくり驚いて、介護スタッフが母につきそいながらお湯を沸かしてお茶を淹れるのを見守った。

母は、湧きたての熱湯を、自分の太ももにこぼしてしまった。

慌ててズボンを脱がし、赤くなった細い太ももに水で濡らしたタオルをあてる。氷を持ってくる。救急箱を探して火傷にも使える軟膏を持ってきて塗ってやる。妙に白いオムツが視界を占領してくる気がして無駄に困った。やはりこれが現実なのだ。

大事には至らなかったが、私は、どんどん不信感がつのる。

悪気はないんだろうと思う。きっとたくさんのことを教えてくれようとしているんだろう。でも、別にできなくていい。あたたかいお茶なら私が淹れます。ということで、包丁も火も禁止させていただいた。一人でいる間はガスの元栓も閉めておく。

病院の介護スタッフの方にはそれで納得していただき帰ってもらった。

帰ってきた夫と、母と、息子と私。
4人でささやかな食事をしてくつろいでいたら、妹がやってきた。
母の今後の生活のことで、今度は妹と大喧嘩になってしまった。

ヘルパーさんなんて入れなくても、3~4時間くらい、母なら一人で居れるだろうというのが、妹の意見だった。だいたい、知らない人を家に入れるのって嫌じゃないの?と、言うのだ。それがケアマネのセリフなのか。

ばかじゃないの。

大喧嘩勃発である。

昨夜のことなので、私はまだ興奮冷めやらない。
今、記事にしたら大悪口大会になっちゃいそうだ。
なので、ここはグッと我慢して、今はやめておこうと思う。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村