2

一人暮らしをしていた母がくも膜下出血で倒れてからおよそ半年。
1か月後にリハビリ病院を退院することが決まった。

退院後は長女である私と同居することになっているので、昨日、同居の練習も兼ねて、3度目のお泊まりをしに来てくれた。

車で小1時間かけて介護スタッフと共に到着した母は、3度目にして初めて、マンションの5階にある居室まで車いす無しで登場した。これまた進歩である。「今日は車いす無しで来ましたよ!」と、顔なじみの介護スタッフが得意げに言った。

部屋に招き入れ、母はさっそく1歳半の孫と遊びはじめる。
その間、私は介護スタッフと今後の相談をする。

退院はちょうど1か月後の5月24日となった。
退院後の生活についても話し合った。夜間、18時から21時または22時ころまで、どうしても母を一人にしてしまうので、改めて小規模多機能をすすめられたが、どう考えても夜の22時ころに1歳半の息子を連れて徒歩でお迎えに行ける距離ではないので、途中ヘルパーさんに来てもらうことにした。

早急にケアマネを探さなければならないと、自宅から近い事業所のリストを渡された。
それは、居宅介護支援の事業所が80社近く並んでるリストだった。

その中から5社ほど○で印がつけてあったが、電話番号がのってるわけでもなく、後は勝手にしてくれ状態で、顔には出さなかったが、少しむっとした。
こんなリストを渡されて一体どうしろと?何を基準に選べと?
明日にでも地域包括センターに電話した方がよさそうである。

その後、リハビリも兼ねてと、母が一人でお茶を淹れられるように、ティファールを使ってお湯を沸かす練習をした。
「え?そんなこともできるの?!」と、私はびっくり驚いて、介護スタッフが母につきそいながらお湯を沸かしてお茶を淹れるのを見守った。

母は、湧きたての熱湯を、自分の太ももにこぼしてしまった。

慌ててズボンを脱がし、赤くなった細い太ももに水で濡らしたタオルをあてる。氷を持ってくる。救急箱を探して火傷にも使える軟膏を持ってきて塗ってやる。妙に白いオムツが視界を占領してくる気がして無駄に困った。やはりこれが現実なのだ。

大事には至らなかったが、私は、どんどん不信感がつのる。

悪気はないんだろうと思う。きっとたくさんのことを教えてくれようとしているんだろう。でも、別にできなくていい。あたたかいお茶なら私が淹れます。ということで、包丁も火も禁止させていただいた。一人でいる間はガスの元栓も閉めておく。

病院の介護スタッフの方にはそれで納得していただき帰ってもらった。

帰ってきた夫と、母と、息子と私。
4人でささやかな食事をしてくつろいでいたら、妹がやってきた。
母の今後の生活のことで、今度は妹と大喧嘩になってしまった。

ヘルパーさんなんて入れなくても、3~4時間くらい、母なら一人で居れるだろうというのが、妹の意見だった。だいたい、知らない人を家に入れるのって嫌じゃないの?と、言うのだ。それがケアマネのセリフなのか。

ばかじゃないの。

大喧嘩勃発である。

昨夜のことなので、私はまだ興奮冷めやらない。
今、記事にしたら大悪口大会になっちゃいそうだ。
なので、ここはグッと我慢して、今はやめておこうと思う。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


病院までは、1歳半の息子を連れて往復3時間の道のり。途中ぐずられることもあるし、都会を通り過ぎる頃は満員電車だし、帰ってきたらすぐに仕事が待ってるし、正直に行ってお見舞いに行くのは本当にしんどい。

だけど、水頭症のシャント術を受けてリハビリ病院に戻ってからの母の様子は、会うごとにまた何か一つ、新しいことができるようになっていて私は驚き、そのたびに、やっぱり多少無理してでも来てよかったなと思うのだった。

なんと先日は、麻痺のある右手でお箸を持って食事をしていたのだ!

わ!お母さん、お箸、使ってるやん!!

病院に着いた早々、みなさんが昼食タイムの中、びっくりしすぎて大きな声を出してしまったが、そんな私の大声よりも、母は、孫に会えてうれしそうに笑った。周りのおばぁちゃん連中が1歳半の息子を見て可愛い可愛いとはしゃぎだしたのを、自慢げな顔をして、「私の孫よ」と、ちょっとだけふんぞり返ったように思う(笑)

その後、病院の広々リビングで息子を遊ばせながら、特になんてことのない話をして(というか失語なのでわからないが)母と二人でやんちゃ盛りの息子が暴れて病院の物を壊したりしないように見守った。

「おばぁちゃんのところにおいで!」と私が声をかけると息子は一生懸命駆けてきて、両手を広げてソファに座るおばぁちゃんにダイブした。感動しすぎた母は、11キロもある息子を両手で抱えて抱っこして、自分の膝の上に乗せた。居心地の悪かった息子はすぐにイヤイヤと降りてしまったけれど、私も、周りにいた職員の方たちも、「抱っこできたね!!」と、驚いた。

遠いし、仕事もあるので、いつも見舞いに来ても1時間ほどしかいられない。この日もすぐに帰りのバスの時間が迫ってきた。母もリハビリの時間だ。

建物の下まで見送りに来てくれた母に、「次に会えるのは、来週の月曜日。外泊だから、お母さんが会いに来てね。待ってるからね。」と言った。それを聞いた母は、うんうん頷いて、名残惜しそうに、「ほな、明日な。」と言った。「明日じゃないよ。来週の月曜日やからね。じゃぁね。ばいばい。またね。」バスの中から息子と一緒に手を振る。母も職員さんに付き添われながら、ずっと「ばいばい」と繰り返して手を振ってくれていた。

早く、一緒に暮らしたいなぁ。

そう思った。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村



水頭症のシャント術を受けてリハビリ病院に戻ってから初めて、母がうちにやってきた。くも膜下出血で倒れて以来、同居の練習として母がうちに泊まりにやって来るのはこれで二度目だ。どうやら一度目のことはもう忘れてしまったようで、その時のことは覚えていないと、母は首を横に振っていた。

しかし、シャント術を受けてだいぶしっかりと歩けるようになった母だったので、前回は必ずつまづいていたリビングと玄関の間の内ドアの段差も、自分の注意で足を踏みしめて歩くことができていた。すごい。これなら一人でトイレに行ける!しかも、シャント術を受けて以降、一度も失禁がないのだ。すごいすごい!!

念のためにと、母はオムツをしているし、用意されたお泊りセットの中にもオムツが入っているのだが、付き添いで来た病院の介護スタッフが帰った後、母はそのオムツを手に取り困った顔をして見せ、「こんなの本当はもういらないのよ」というようなことを私に言ったので、私は思わず「ふふふ」と笑ってしまった。つられて母も一緒に笑って、「使いませんでしたって持って帰ろうか」と言った。うんうん。そうしよ。

本当はもうオムツなしでも大丈夫なんだよっていう、でも介護職員の方たちにはナイショだねっていう、小さな秘密を母と共有したような感じだった。

帰って来た夫と、まだ小さな息子と、母と私と、みんなで食卓を囲んでささやかな食事をしたのだが、母は驚くほどよく食べて「おいしいね」と言ってくれた。「どうやって作るの?」と。まさかこんなに会話ができるなんて、病院に見舞いに行った時の短い時間では想像もつかないことだった。

もともとよく喋る母だったので、その母が戻ってきたようでうれしかった。もちろん、理解できない会話の方が多いのだけど、意味のわかる言葉が増えたことが本当にうれしい。私も夫も、わからない言葉にも何となくわかるフリをしてうんうんと頷いた。本当はわからないのだけれど、それでいいと思った。

食事がすんだあと、みんなでお布団を並べて休んだ。夜中に3度ほど、母は一人で勝手にトイレに立ったようだったが、問題の段差にもつまづくことははかった。

朝起きて、朝食をとり、片付けを母に手伝ってもらった。食べたら歯磨き!と、母にも1歳の息子にも歯ブラシを持たせてみんなで歯磨きをした。ふと時間がたって、そういえばそろそろ騒ぎ出すはずの息子が静かだなと思ったら、息子は母と一緒に夫の財布を散らかして遊んでた。それを見て夫が一人で騒いでいたが、実に平和で穏やかで幸せな毎日の中の1日のようだった。

笑顔で母が帰った後、シャント術後の母の回復ぶりを初めて見た夫が「奇跡やな」と言った。「これはお金では買われへんで」とも。

母のことだけでなく、いろいろな意味で本当によかったと思った。夫のことも、母のことも、息子のことも、私は本当に家族に恵まれている。家族を大事にししなくちゃ。本当に心からそう思った。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村