リハビリ病院のスタッフとしては、母はまさかの回復ぶりで、担当チームのリーダーが言うに、「僕がこれまでにお世話させていただいた患者さんの中で一番回復した」んだそうだ。もちろん、入院当初に想像してた以上に。ということであるが。

しかしまだまだ心配事は多い。失語症、右側空間麻痺。母の体のことだけにとどまらず、母を自宅に一人きりにしておく時間、防犯についてもとても心配なのだ。

なので、母が勝手に自宅から外に出れないように鍵をつけることはできないかと、言われた。それって、閉じ込めるということか。もちろんできるはずもない。ケアマネさんもきっぱりと否定する。無理です。

母自身が自分の意志で出ていくのも困るが、誰か来た時(たとえ宅急便などでも)玄関を開けてしまうのも困る。
どう考えたって対処できないのだから。
しかし、玄関チャイムが鳴ったら、母はドアを開けてしまうのではないだろうか。

母にはよくよく言い聞かせるが、様子を見て、やはり心配が拭えない場合、玄関先まで行けないようにベビーゲートなどの設置も考えねばならなくなった。
こればかりは、暮らしてみないとわからない。

母が自宅で一人きりで過ごす間、万が一のことがあって、緊急連絡したい場合、母に携帯電話は操作できないし、とっくに解約しているので、ごくごく簡単でシンプルな電話機を購入して、自宅に固定電話をひいた。(もともとあったのだけど、使わないので電話機は接続してなかったのだ。)

ワンタッチダイヤルがABCの3件まで登録できて、なぜか電源アダプターが必要ない(どういうことかわからない!)ので配線もスッキリ。
問題は、母に使えるかどうかだが、もちろんそんなに簡単に使えるはずもなく、これから先、根気よく教えて練習していかねばならない。

そして、介護モニターを設置した。

インターネットを介するので、外出先でもネットにさえ繋がれば、モニターの様子を確認できる。つまり、外出先でもスマホで自宅の様子が生中継で見れるのだ。リビングのソファに座るお母さんの様子がばっちり!

別室で眠る赤ちゃんの様子とか、みんなが出かけた後の猫ちゃんやわんちゃんの様子とか、見守りが必要な老人の様子とか。防犯の抑止にもなるはずだ。そうか、こんな便利なものがあったのかと感動した。

画像もきれい。写真も動画も簡単に撮影できる。
動体検知機能がついてるので、動くと勝手に録画してくれる。
母を見守るために購入したが、他にも用途は多そうで、息子や猫ちゃんを撮影して喜んでいる。本当に買ってよかった。

他に、スロープの設置なども考えたが、おそらく大丈夫だろうということで様子を見ることにした。

家族が一人増えるって、大変だろうなぁと思う。
母も夫も息子も私も、早く、馴染めたらいいなぁ。
そして早く本当の家族になれますように。そう思う。

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村