母ちゃんは心配性。鼻血出しただけですがw

スポンサーリンク
ケーキをほおばる息子 平成27年生まれの一人息子♪

保育園にお迎えに行ったら、担任の先生に、

今日ね、鼻血出たんですよ。けっこうボタボタ血が出てて、本人もお鼻押さえて慌てて来たんですけど、どうしてもちょっと血で汚れちゃって・・・。

 

ちー母ちゃん
ちー母ちゃん

なんですって?!

と、私はもうビックリ仰天。

だって息子はもう5歳だけど、生まれてからただの一度も鼻血なんてだしたことないかったんですよ。それがボタボタと滴るほどの鼻血を出しただなんて、しかも私の見てないところで。

本人はけろっとして元気そうだったけど、

ちー母ちゃん
ちー母ちゃん

もしかして白血病っ?!

かと思って、めっちゃ鼻血検索してしまいました。・・・隣で夫が笑ってたけど。

鼻血の原因はほとんどが外的要因らしい

鼻の入り口近くの粘膜はちょっとしたことで出血しやすいらしいです。ちょっと手でこすったり、鼻かんだりしただけでもすぐに傷ついて、出血してしまうんだとか。その小さな細い血管がたくさん集まっている部分をキーゼルバッハ部位というそうです。

だから、ほとんど、心配いらないんと。

お医者さんのブログに書いてありました。私の知りたいこと、ほとんどすべて書いてあったので、一応リンク貼っときます。→繰り返すこどもの鼻血(辻堂たいへいだい耳鼻咽喉科)

お母さんは心配性

もし白血病だったとしたら鼻血だけでなく、歯茎やひざの裏なんかも出血しやすくなるそうなので、鼻血だけならそんな心配はほぼないと。でも、たまにめっちゃ心配して血液検査を要求してくる親御さんたちもいるみたい。

いや、気持ちわかる(笑)

今だから笑い話で酒飲みながらお母さんたちと話しちゃ笑われてるけど、子どものことになるとどこの親もそんなもんですよね。心配。

お店のお客さんで3人の子のお母さんには、「うちの子なんて小さな頃から鼻血出しまくってるよ、わっはっは」と笑い飛ばされ、隣で座ってた小学1年生の女の子に「鼻血は上向いたらあかんねんで。のどに降りてくるから。ここを押さえたらいいねん」と教えてもらいましたw

もう一人のお店のお客さんのお母さんは、「こないだあそこの交差点で事故があった時、そんなところにいるはずはないのに、もしかして息子かと思って心配してたら、夫に笑われた」って、わかりますわかります。私も鼻血出たって聞いて白血病かと思っちゃいましたw と、二人で爆笑。

お母さんは心配性なのだわ。

どうかお願い。このまま健やかに育ってね。母ちゃんはいつも、どこでも、ずっとずっと見守ってるから!

自分が母になるまで、こんな愛情が世界中に散らばっているなんて、知らなかったな。

ケーキをほおばる息子

誕生日ケーキをプレゼントしてくれたお客様とのツーショット(^^)

確かにケーキなんて甘いモノ、居酒屋で食べる人あんまりいないんだけど、それでもいただいた誕生日ケーキを独り占めしてホールごと、全部食べてた。

だから鼻血なんてでるんじゃないの?(笑)

Comment

スポンサーリンク