2019年の積立NISAを設定しました。もちろん楽天証券にて楽天カード決済です!

スポンサーリンク
資産形成勉強中
2019年の積立NISA

2018年。
積立NISAが始まったこの年が私の投資元年です。
1年間の反省もふまえ、2019年、気持ちを新たに積立NISAの設定をしたので、ここに備忘録として記しておきたいと思います。

先に結論。「楽天・全米株式インデックス・ファンド」と「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」の2本立て

昨年はあれやこれやと手を出しすぎてしまった感が否めないので、

今年はすっきり、あっさり、わかりやすく!
(もちろん自分の中で)

楽天・全米株式インデックス・ファンド
と、
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

この2本で1年間、頑張ることにしました。

積立NISAの年間40万円枠をめいいっぱい使おうと思ったら、1か月33,333円の積立になるのか。と、昨年の私は考えていましたが、著名な方々のブログで勉強を重ね、ちゃんと成長しましたよ(笑)

2018年の積立NISA一人反省会。
2018年は私にとって投資元年でした。 積立NISAをはじめ、個別株投資や積立FXなど、試行錯誤しながらチャレンジ。 目も当てられないような成績なので、一人反省会をしたいと思います(^^; とりあえず今回は積立NISA反省会。 ...

積立NISAの年間40万円枠をめいいっぱい使った積立作戦

2019年1月の積立設定がこちらの画像。

積立NISA2019年1月

「楽天・全米株式インデックス・ファンド」が15,000円分、「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が22,000円分、合計37,000円。

カラクリはボーナス設定分です。

1月をボーナス月として均等割りから上乗せしました。

ちなみに私は2018年はSBI証券にて積立NISAをしていたのですが、2019年から楽天証券に乗り換えています。

SBI証券から楽天証券に乗り換えた理由
もうすぐ2018年も終わりに差し掛かり、2019年になろうとしています。 2019年のNISA口座は楽天証券に浮気しようと、(いや、本命になるのですが)、現在、手続きを進めています。

本当は1月分から楽天カードクレジット決済にしたかったのですが時期的に間に合わず、、、。

2月以降の積立NISAを再設定する必要がありました。

2019年2月からの積立設定がこちらの画像。

積立NISA2019年2月から

楽天・全米株式インデックス・ファンド
と、
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

それぞれ16,500円ずつ毎月積み立てます。
これで年間40万円、余すことなくぴったり積立投資確定♪

昨年は積立NISAをキッカケとする私の投資元年だったので、あれやこれやといじったりもしましたが、もう面倒くさいので今年からは放っておきます。

あ、もちろん積立NISAに関してだけですが。

本当にほったらかし投資で大丈夫ですか?
私の話なのですが、去年までNISAって何? 非課税口座って何? で? という感じでした(^^; 2018年になって積立NISAが話題になったのと、普通預金で預けておくのが勿体なくなったのとで、証券口座を開いて積立NISA...

楽天証券なら楽天カード決済で投資信託購入にもポイントがつく!

クレジット決済できるって、なかなかすごくないですか?

だって、こっちは年利数%を期待して、わざわざ非課税枠(NISA)で、アクティブファンドとかだと1%前後の信託報酬を払って投資信託を購入するわけですよ?

その購入金額に対して1%のポイントが付くなんて、ちょっと破格だと思うんです!

手数料が、かえってきた♪(´▽`)

つまりは、楽天カードクレジット決済でもらった1%のポイントがファンドの信託報酬で相殺される。
ってことなんですけど、そんなことしてくれる金融機関、他になかなかないと思います。

ぶっちゃけ、手数料なしでプロにお任せ~♪

とかいう、楽天的な考え方もあるわけですけど(笑)

NISA口座なら楽天証券、絶対おすすめです!(^^)
もちろん、楽天カード決済で!!!

2018年の日本株投資一人反省会

積立NISAがキッカケで投資に目覚めた私は日本株にも投資をはじめました。

勝手に反省会やってます(笑)

2018年の日本株投資ひとり反省会
2018年は私にとって、投資1年目。 積立NISAという日本政府鳴り物入りの商品に踊らされて(?)個別株投資にまで手を出した投資ド素人の1年目を、ここに振り返りつつの反省会を勝手に開催したいと思います。 ★ ルールその1.投資枠は130...

Comment

スポンサーリンク
スポンサーリンク