1歳10か月。原因不明の夜中の咳が3か月続いた。

5月20日に書いた記事「もう1か月も息子が夜中だけ咳きこむ原因は鼻水だった。」を読み返してみた。あれからちょうど2か月だ。

ようやく、息子の咳が止まった!ばんざい!

実に3か月も、夜中だけの咳が続いたのだった。夫も私も心配しすぎて、発狂しそうだった。

かかりつけの小児科から耳鼻科へ。耳鼻科の先生に毎日、鼻を吸ってもらっていたのだが、一向に夜中の咳がやむことはなく、むしろ、昼寝の時にも咳きこみだして、ひどくなっていた。耳鼻科の先生はとても信頼できる素敵な方だったのだけど、息子の症状がちっとも回復しないので、どこか大きな病院に行って診てもらった方がいいんじゃないか。夫婦でそんなことまで話しているところだった。

もしかして猫アレルギー?それともハウスダスト?なんか変なストレス溜まってるの?ひょっとして咳喘息??この3か月、ほぼ毎朝病院へ向かって鼻を吸ってもらい、胸の音を聞いてもらい、喉の奥をのぞいてもらい、中耳炎になっていないか耳の奥をチェックしてもらっていたが、原因はわからず、息子の食欲はどんどん細くなって、おっぱいばかりにしがみつき、明らかに痩せていった。

そのうち鼻水は止まり、もう来なくていいよと、先生にお墨付きをもらうものの、昼寝の時と夜中の咳は激しくなるばかりで、おえっ!と吐きそうになりながら、泣いて目を覚ますという日々が続いていた。

先生、夜中の咳がやっぱり止まりません!!!

と、そのたびに病院に駆け込んでいた。息子もすっかり慣れて、待合室では泣かなくなった。(処置中は泣くけど) 看護師さんたちの間でも人気者になった。

そんなある日、突然、息子が高熱を出した。39度5分。お昼寝の時だった。

その日の夕方からの診察ですぐに診てもらい、感染症の検査もしてもらったが、陰性。すでに突発もしていたので、ただの高熱だという判断で、座薬などのお薬をもらって帰ってきた。

その日から3日間、39度台の高熱が続き、日中も激しく咳こみ、リンデロン(ステロイド)を処方されて、おさまった。

おさまった。治った。なんて言葉にしていいかわからないけど、息子が元気になったのだ。本当に良かった。辛そうで、見ていられなかった。本当に代わってあげたかった。母ちゃん、何もしてあげられなくて役立たずでごめんねという気持ちでいっぱいだった。抱きしめるしかできない。元気になって本当に良かった。

熱がおさまると同時に、咳もしなくなった。夜中の咳も、昼寝の咳も、とにかく何もしなくなった。ぐっすり、すやすやと眠るようになり、食欲もみるみる回復して、「えっ!まだ食べるの?!」と驚くほど、ごはんを食べるようになった。

そしてイタズラも激しくなった。

絶好調じゃないか!!!と、感激した。

高熱を出して3日後くらいに、なぜか手足にじんましんのように、発疹がポツポツと出ていた。ん?もしかして突発だったのかな?2回目?そんなのあるのかな?

まぁいいや。どちらにせよ、息子が元気になってくれて、母ちゃんは本当にうれしいのだ。元気すぎて、昼寝の時間が大幅にずれ込んでしまって、調整するのがこれから大変そうだ。(17時頃まで寝ない!結果、夜も遅くなってしまっている)

食べて、遊んで、寝る!

こんな単純なことがこんなにうれしいなんて!

初めて、店で寝てくれた。大きくなった!産まれた時に買ったベビー布団が小さくなっている。

結局のところ、なぜ3か月も寝ている時だけ咳が続いたのかは原因不明だが、治ってくれて、本当に良かった!

健やかであるって素晴らしい!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA