所得税の計算方法

スポンサーリンク
家族で居酒屋経営中
所得税の計算の仕方

もうすぐ確定申告ですね。

私も夫婦で小さな居酒屋を経営をしているので、事業所得を申告しなければならない季節がやってきました。正直面倒くさいです( ̄- ̄;)

まずは所得を計算

所得税というのはつまり、所得に課せられる税金のこと。ですよね?

なのでまず、そもそも所得がいくらなのかを計算しなければなりません。

所得税を計算するより、こっちの方が面倒です。

なんたって1年間の収支内訳を帳簿に記帳していかないといけないのですから。。。

私たちのような飲食店経営をしている場合にザックリ言うと、

売上ー経費ー控除=所得
お客様から頂いた飲食代の合計(つまり売上)から、
店舗の家賃や光熱費、仕入代やバイト代などの経費を支払った後に残った金額。
そこから基礎控除(38万円)、医療費控除、扶養控除、障碍者控除などの他、青色申告特別控除(65万円も!)とかを引いてもらった後の金額が、
所得。
この金額に対して所得税が課せられるわけですが、一体どのくらいの税率かというと、

所得税率の表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円
4,000万円超 45% 479万6,000円

所得の低い人ほど税率は低く、所得の高い人ほど税率は高くなっています

5%から10%、10%から20%と段階的に税率が上がっているのに、20%の次が23%(?)で、その次がいきなり33%って、いったいどういうことよ?と、700~900万収入ってどんな人よ。と、ちょびっと変な勘繰り入れちゃいますね。いえ、私の気のせいですよ、きっと。余談です(^^;)

所得金額×税率%-控除額=で所得税が計算できます。

さて、実際の所得税の算出方法ですが、表のまんまです。

例えば・・・。

所得が100万円だった人の所得税の計算

100万円×税率5%-控除額0円=5万円

所得が200万円だった人の所得税の計算

200万円×税率10%-控除額97,500円=102,500円

所得が700万円だった人の所得税の計算

700万円×税率23%-控除額636,000円=974,000円

会社員だった頃は、給料から勝手に引かれてたのであまり気にすることもありませんでしたが、個人事業主になってからは、日々勉強しております。

所得税の納付書

所得税納付書

こんなのが、確定申告の季節になると、きっちり税務署から送られてきます(  ̄ー ̄ )ゞ

払いますよ。

ええ、ええ。もちろん、ちゃんと!!

夫と息子と3人で居酒屋を営んでます(^^)

Comment

スポンサーリンク
スポンサーリンク