WordPress5.0に更新する前に「Classic Editor」を有効化しておこう!

スポンサーリンク
WEB覚書

2018年12月6日にリリースされたWordPress5.0

巷のうわさで、デフォルトのエディタが「Gutenberg」(グーテンベルグ)になっていると知り、正直、困惑。

というか迷惑。

エディタが「Gutenberg」(グーテンベルグ)になって何が迷惑って、せっかく登録したAddQuicktagのショートコードや、テーマで設定してくれてる便利なボタンが使えなくなっちゃうという、、、

いやだわ、絶対、更新したくないわ。

と、アップデートを先延ばしにしていた私ですが、ついに本日、めでたく無事にWordPress5.0への更新が完了いたしました。

もちろん、旧エディタのままです。
登録してあるボタンもそのまま。ほっ。

WordPress5.0を更新する前に、新しくプラグイン「Classic Editor」をインストールして有効化しておけばOK

なーーんだ、たったそれだけ!

もちろん、WordPress5.0を更新してから「Classic Editor」をインストールして有効化しても遅くはないようなのですが、私は、慌てふためいてオロオロしたくなかったので、先に「Classic Editor」を有効化してからWordPress5.0を更新いたしました。

使い慣れたエディタに再び、ホッ!

勝手にビビりすぎてただけでした(笑)

Googleアドセンスを記事本文中にサクッと表示するAddQuicktagの設定方法と使用例
Wordpressのおすすめプラグインの中でも、特におすすめのプラグインがある。 「AddQuicktag」というプラグインだ。 少し前にも「WordPressことはじめ。」という過去記事で紹介させていただいたのだけど、オススメ...

コメント