お金持ちの第一歩は自分への投資。いちばんは読書じゃないだろうか。そこで図書館のすすめ。

お金持ちの定義は人それぞれだと思う。たくさん稼いでたくさん浪費する人もいるだろう。浪費することで豊かな気持ちになるのならそれもいいと思う。独身時代の私は浪費癖がひどく、稼いでも稼いでもお金が足りなかった。それは決して豊かとはいえなかった。




しかし結婚をして子供が生まれると大きく価値観が変わった。豊かに幸せに暮らすことの定義がだ。必要な時に必要なものと交換するだけのお金があればいいと思う。逆に言えば、必要な時に必要なものと交換するだけのお金は絶対に必要であるので、お金持ちになりたいということに繋がった。

そこでお金持ちになるための勉強を始めた。

 読書。

もともと本は好きでよく読んでいた。小説も自己啓発本もなんでも読む。小さなころから本を読むのが大好きで、小学校の図書館制覇したりした。本屋さんに行ったらなかなか帰ってこれない(笑)

今は便利な世の中で、インターネットですぐに購入できる。ほとんど翌日には届くし、素晴らしい時代だ。

書籍だけでない。インターネットでは無料でいろんな情報が公開されている。すみずみまで読み漁るブログの数々。みんなすごい。そんな方がおすすめする書籍は、ついついポチっとしたくなる。

しかししかし、読書好きのあるある。本ってけっこうお高い(^^;
週に3冊読むとしたって軽く4~5000円する。
読みたいと思う本を全部買って読んでたらすごい出費になる!

でも、お金持ちは、まず、自分に支払うのだ。
(「金持ち父さん、貧乏父さん」という本の中で不動産王のロバート・キヨサキが書いていた。)

そう、まずは自分に投資することが大事なのだ。
それはつまり、一生勉強ってことじゃないのか。
だからと言って、やはり考えなしにお金をかけられない(^^;

 図書館のすすめ

そこで、みなさんがネットでおすすめしてくださる本をポチっとしたくなった時は、まずは一呼吸。本のタイトルをコピーして図書館のサイトで蔵書検索することにした。するとどうだ。だいたい見つかるのです。やったー!もちろん予約しておく。

いまどきの図書館は本当に進化していて、各自治体にもよるのだろうが、私が暮らす大阪市の図書館などは、たとえ自分の住む町の図書館にお目当ての本がなかったとしても、例えば中央図書館とかから取り寄せて、わざわざ運んでくれるのだ。なんて親切!しかも15件も予約できる。

人気の本に関して言えば30人待ちとかザラなので、数か月借りれないこともしばしばあるけれど、蔵書数の多いメジャーな本なんかは予約人数が多くても意外とあっさり、届きましたのお知らせメールがきたりする。
多少の時間はかかるが、無料で本が読める!図書館最高!
ぜひとも、今後も活用していきたい。

もう一度、「金持ち父さん、貧乏父さん」という本の中で不動産王のロバート・キヨサキが書いていた言葉を言うと、
お金持ちは、まず、自分に支払う。
それは決してお金だけじゃなく、時間でもあると私は思うのだ。
機会損失とかいう批判もくらいそうだけど、そんなのへっちゃら(笑)

まず図書館で借りて読んでみて、これは!と感銘を受けた本、何度も読み返したくなるような本、付箋を貼ったりマーカーをつけたりして繰り返し勉強したくなるような本、そしていつかまだ3歳の息子が大きくなった時に読ませたいと思った本だけ、ネットでポチっと買うことにしている。

本棚のスペースも限られていることだし。


とりあえず、本を読みながらメモをとる。借りた本は返さねばならないので。いつかきっと役に立つに違いない。・・・と思いつつ、ジーンズの後ろポケットに入れたまま洗濯機でまわしてボロボロになってしまった(^^; なので今は「Evernote」で記録している。

 チャーリー・マンガーの言葉

ウォーレン・バフェットじゃなくて、チャーリー・マンガーの言葉でお気に入りです。残念ながら、どこで仕入れてきたのかまでメモしてませんでした。ごめんなさい。

できる限りの努力をする。決してうそをつかない。やると言ったら必ず成し遂げる。言い訳はくそほどの価値もない。約束には早めに出向く。電話は直ちに折り返す。素早く決断して相手を待たせるな。

evernoteに赤字でどかん!とメモってます。

 「ピーター・リンチの株で勝つ」ピーター・リンチ

この本に出会わなければ、私は株式投資をしていなかったと思います。
私はアマチュア。素人なんだから、別に誰も何も求めてこないわけです。なんでこんな会社の株買ってるの?とか、どうして売ったの?とか、決算前だから利益確定しとかなきゃとか、そんなの全然ないわけです。好きにしたらいい。

ああそうだった。・・・と、思わせてくれます。ホッと肩の荷が下りる感じ。特に含み損抱えてる時には(笑)

いろんな心配をする。…やれやれ!

・・・深い!

 「金持ち父さん、貧乏父さん」ロバート・キヨサキ

キャッシュフローって何?貸借対照表って何?って方にオススメの本です。すでに起業されてる方には真新しいことありません。おそらく読んでらっしゃることでしょう。今サラリーマンで、何となく悶々と働いてらっしゃる方の意識改革とか、まだ3歳の息子が中学生くらいになったら、将来のために読んどいたらいいんじゃないかなぁ、と思う1冊です。母は息子が選んだ道なら、将来、何であろうと応援したいのです。労働者か起業家か。専門職かもしれないし、俳優さんになるかも知れない!!!当然、選択肢は広い方がいいと思うので、まずは第一歩の一冊じゃないでしょうか。

金持ちは資産を手に入れる。中流以下の人たちは負債を手に入れ、それが資産だと思い込む。

間違えないようにしなくちゃ。
・・・と、言い聞かせてます。




 ノートのすすめ

メモをとる。そんな程度でいいと思うのです。
書くと結構、覚えるというか、脳みそに入ってきます。

私がまたブログを再開した理由かもしれません。
ちゃんと、残るし、考えるし、それは勉強になるから。

そしていつか、億万長者になってやろうと思っているのです!!!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください